車の車検 | 車のメンテナンスや塗装を行ないカーライフを楽しむ

車のメンテナンスや塗装を行ないカーライフを楽しむ

小さな傷や凹みは塗装修理で解決

車の車検

車検で修理しなければいけない交換部品

前車検制度というものを理解しておく必要があります。 法改正がされる前までは車検整備がされていなければ車検をうけることは出来ませんでした。 車検では法定点検項目という厳しいチェック項目があります。 全ての点検箇所を特定するだけでも費用がかかりますし 走行による摩耗や劣化は必ずおこりますので交換部品は必ず出ます。 安全にこれから乗用車では2年間乗り続けなければならないのです。 ですが前車検制度では、運輸局の車検ラインで合格すれば 全く修理をしなくても車検合格ということになります。 ですから激安業者で検査が行われるわけです。 ですが、根本的な点検整備が行われているわけではない上に 公道を走るユーザーに対し整備義務があります。 法改正によって責任は整備業者ではなくユーザーに有るということを 忘れてはいけないのです。

整備項目は事前に細かく相談しましょう

ディーラーなど運輸局に代わって合格証(適合証)を発行できる指定工場があります。 また、整備を厳しく行う義務がある認証工場というものもあります。 そういった工場では整備保証というものがついていて 責任をもって2年間の安全を保証するもので車検の総予算は高くなりますが 万一の整備不良は保証出来ます。安心です。 ですので安い業者さんへ依頼する場合や 出来る限り安い予算で済ませたい場合は 整備する業者さんとの信頼関係が必要不可欠であり細かな整備内容の確認が必要になってきます。 交換しなくても良い部品は沢山ありますし走行距離が少ない場合には交換しないほうがベストです。 時期だけで交換するのは無駄です。 整備責任はあなたにあるということを念頭に置いて 安い料金で収まるよう自己努力を惜しまないことです。

Copyright © 2015 車のメンテナンスや塗装を行ないカーライフを楽しむ All Rights Reserved.